カラーセラピーとは

その日の気分によって、選ぶ色は変わってきます。
好きな色は緑だけど、今日の気分は青、なんて日もありますよね。
または赤でコーディネートをまとめてみよう、なんて突然思った事はありませんか。
色は心を映しだす鏡とも言われています。無意識にその時の心理状況が選ぶ色にあらわれてくるのです。 カラーセラピストは、その人が選んだ色によって、心理状況の判断をおこないます。
色のアドバイスやその人に似合う色を見繕うのも、カラーセラピストの仕事です。
また、色を取り入れる事で気持ちを変えていく事もできます。

カラーセラピーの方法

カラーセラピーには、様々な方法があります。

 

 疲れを癒す

リラックスをしたい時、部屋の小物に緑を取り入れましょう。
緑にはリラックス効果があります。
色の持つ効果を理解していれば、その時の自分のコンディションに合わせてより良い色を選ぶ事ができます。

 プラスの感情を増やす

楽しい時に連想する色や、また逆に悲しい時に連想する色は何色でしょうか。
状況や感情によって連想する色は異なります。
そしてそれは、その色を見た時に楽しい、または悲しい気持ちが引き出されるということにもなるのです。
部屋のカラーコーディネートや、身に付けるものにマイナスの感情から連想される色を避け、プラスの感情から連想される色を取り入れることで普段のプラスの感情を増やすことになります。
このように色によって自分をコントロールする事もカラーセラピーのひとつです

色で影響を受ける身体

色によって影響を受けるのは、何も気持だけではありません。
体温や身体の体調を整える役割を果たす自律神経も、色の影響を受けるのです。
自律神経には2つの神経があります。「交感神経」と「副交感神経」です。
「交感神経」は活動する時の神経で、「副交感神経」は休息を行うための神経です。
自立神経失調症は、この切り替えが上手くいかなくなることです。
色を見ることによって、自律神経の切り替えを行う事ができます。
赤やオレンジなどの暖色系の色が血行を良くしたり体温を上げたりするのは交感神経に作用している為なのです。
逆に青や緑、紫といった寒色系の色は副交感神経に作用し、ストレスの軽減やリラックス効果を得る事ができるといえます。

 

色の効果を生活の中に取り入れ、自分の身体や感情を整えてみませんか。