カラーコーディネートで自分磨き

色は、目に入った全ての人に影響を与えます。 身につけているファッションカラーは、自分の気持ちを上げるだけでなく、周りへ与える印象も大きく変化させます。
色の組み合わせはもちろん、色が占める全体の割合によっても印象は変わります。
自分磨きをする為におしゃれなファッションをしたいのであれば、カラーコーディネートの仕方を勉強しましょう。 ファッションのカラーコーディネートに自信のない方は、以下のポイントを参考にしてみてください。

カラーコーディネートは3種類で

ファッションには、3種類のカラーが存在します。
ベースカラー 、アソートカラー、アクセントカラーの3種類です。

 

 ベースカラー

全体の7割を占める色の事をベースカラーといいます。
この色が全体の雰囲気を構成すると言っても過言ではありません。
コーディネートの主役となり、トップスやアウター、ワンピースなどに使われる色がベースカラーとなります。

 

 アソートカラー

アソートカラーは、ベースカラーに組み合わせる色です。
ベースカラーを引き立たせ、全体をまとめる効果があります。
全体の2割から3割をこのアソートカラーが占めます。
脇役と言われますが、このアソートカラーの色がコーディネートの良し悪しを大きく左右します。

 

 アクセントカラー

ベースカラーとアソートカラーが全体の殆どを占めますが、ちょっとしたアクセントカラーも大切です。
無難に全体を同系色でまとめた場合、アクセントカラーに明るい色を持ってくるとポイントとしておしゃれに見えます。
ベースカラーやアソートカラーと反対の色を選ぶとメリハリをつけることができます。

失敗しないコーディネートの基本

カラーコーディネートの基本として、同系色をあわせるという方法があります。
色に統一感をだすと、全体的にまとまって見えるので、大きな失敗をする事がありません。
派手な色や反対色の組み合わせはバラバラな印象を与えがちなので気を付けましょう。
しかし、全身真っ黒や全身真っ白など、同じ色でまとめるのは、重たい印象、膨張色で着ぶくれした印象を与えてしまいます。
濃淡を変えるだけでもセンスが良く見えるので、ぜひ試してみてください。