お部屋の配色について

どの色をどこに、どのくらいの分量を使用するかを決定することを色彩計画と言います。
色彩計画を行うには、「ベースカラー」、「メインカラー」、「アクセントカラー」の3つの組み合わせが重要となります。
それぞれの配色方法について説明したいと思います。

配色方法

 ベースカラー

ベースカラーとは、基調色とも呼び、床や壁、天井などの広い面積部分のことを言います。
配色をするときの中心ともなるカラーで、部屋全体のイメージに大きく関わる背景色となります。 明るく爽やかな空間にしたいときは白、落ち着きがあってくつろげる空間にしたいときはダークブラウン、温もりあるやわらかな空間にしたいときはライトブラウンを使用すると演出できます。

 メインカラー

メインカラーはお部屋のテーマともなるカラーであり、そしてあなたの個性を表現するカラーでもあります。
ソファーやカーテン、家具などベースカラーの次に広い面積部分のことを指します。
ベースカラーと同系色を使用するか、反対色を使用するかで印象が大きく変わります。

 アクセントカラー

アクセントカラーは、変化をつける色のことで、ソファークッションなどの雑貨や小物の小面積部分のことを指します。 空間の引き締め役にもなります。
メリハリが出るように、鮮やかな強い色を選ぶのがコツです。

持っている家具や小物などの色が合わないときは

引越しの際、すべての家具や小物を買い換えるとなれば配色しやすいですが、多くの方が既に家具や小物を持っていて、それを引越し先に持っていくことと思います。
その場合は、カッティングシートを使用して色を統一したり、色を塗ったりする方法もあります。 手間がかかりますが、ここで手を加えることによって、素敵に部屋を演出することができますので、ぜひやってみてください。

色について詳しくなりたい方は、色彩検定を取得されてみてはいかがでしょうか。
それなら、当サロンにてカラーコンサルタントによる色彩検定対策講座も開いておりますので、参加をご検討ください。